未経験者歓迎!知識ゼロからシステムエンジニアを目指す

JUnitの求人情報 | システム開発の現場で重宝されるJava経験

 

Javaの開発経験があるエンジニア、特に「JUnit」を使えるエンジニアは現場で重要な役割を担っています。

 

なぜなら、JUnitを使うことで、システム開発コストを大幅に削減できるからです。

 

SE転職ガイド|Java求人数ベスト3まとめ

 

Junitを知らない人のために(知っている人は飛ばしてください)

JUnitとはJava言語で開発されたプログラムで単体テスト(Unit Test)を自動化するためのフレームワークです。

 

JUnitを用いることによって、単体テストが簡単に行えるようになり、開発に要する時間を短縮して効率化を図ることができます。

 

単体テストにかかる工数は、ほぼソースコードの量に比例します。
そのため、規模が大きいシステムほど、単体テストの工数も大きくなります。

 

テストを自動化することで得られる恩恵は大きくなる(=削減できる工数が大きくなる)ため、テストツールとしてJUnitを採用するケースは多くなってきています。

 

JUnitはEclipseやNetBeansなどのIDE(統合開発環境)には標準で搭載されています。

 

なぜJUnit使いがシステム開発の現場で重宝されるのか?

 

JUnitを使うと、一度テストした内容を記録・再生できるので

 

  • デグレードが起きにくい
  •  

  • 回帰テストが自動化できる

 

というメリットがあります。

 

JUnitを使わなければ、テストは一度きりで再現性もありません。

 

ですので、OSやミドルウェアが短いスパンでバージョンアップされる現代においては、特に「回帰テストが自動化できる」というメリットが大きいんですね。

 

さらに大規模プロジェクトではテストを効率化することによる費用対効果が高くなります。最初に少しコストをかけて「テスト資産」を作っておけば、のちのちの検証コストを大幅に削減できるわけです。

 

これがシステム開発現場で「JUnitのテスト経験のあるエンジニア」が重宝される理由です。

 

Java技術者の求人情報

JUnitを使える人材は恒常的に不足しており、IDE(統合開発環境)でJavaアプリを開発した経験のあるエンジニアの需要は高い状況が続いています。

 

そのため、Javaのスキルを活かしたいと考えている人にとっては、仕事を探しやすい状況だと言えるでしょう。

 

「レバテックキャリア」をエンジニア視点で評価してみる



PR


HOME SE入門講座 SEの人月単価 SE転職サイト比較 SEおすすめ書籍 お問い合わせ