未経験者歓迎!知識ゼロからシステムエンジニアを目指す

単体テスト

単体テストは、ソフトウェアを構成する最小単位である関数やメソッドに対して、設計書で要求された機能を満たしているかどうかを検証するテストです。

 

単体テストのテスト対象は個別のプログラム(ソースコード)そのものとなります。
ですので、命令文や条件判定を行っているif-else文などの各コードが実行されるようにテストケースを考えます。

 

単体テストは大きくホワイトボックステストブラックボックステストに分類できます。

 

ホワイトボックステストとは、テスト対象の関数またはメソッドの内部構造に着目し、基本的にはプログラム内の全ての命令、全てのルーチンが最低一回は実行されるように検証します。

 

一方、ブラックボックステストは、テスト対象関数またはメソッドの外から見た機能(入出力)に着目しますので、システム内部でどういった処理が行われているかは一切問題としません。

PR




PR


HOME SE入門講座 SEの人月単価 SE転職サイト比較 SEおすすめ書籍 お問い合わせ