未経験者歓迎!知識ゼロからシステムエンジニアを目指す

PHP

概要

PHPとは、動的にHTMLデータを生成することができるプログラミング言語です。
「Personal Home Page」(個人のホームページ)の略でPHPと呼びます。

 

PHPはリクエストがあるたびにWebサーバ上でPHPスクリプトが実行され、動的なWebページをブラウザに送信します。
「Webサーバ上で動く」ことに特化しており、その特性からサーバサイド・スクリプトと呼ばれます。

 

良いところ

C言語やJavaと似ている簡単な文法で、環境設定も難しくないため、初心者でも学びやすい言語です。
ソースコードも短くて済みます。
また、多くのレンタルサーバでPHPを使える環境を用意しているので、個人レベルでも使いやすい言語と言えます。

 

多くのフレームワークやライブラリが存在し、大規模な開発でも多く採用されています。

 

悪いところ

スクリプト言語なので処理速度はあまり速くありません。
よって、複雑な処理や容量の大きいデータを扱うような処理の実行には向いていません。

 

また、Webサーバー上で動くアプリケーション以外の用途ではあまり利用されないので、
Web以外のシステムに携わっている方は学ぶ必要はないでしょう。

 

サンプルコード

PHPで「Hello World」を表示するソースコードです。

 

<?php

echo 'Hello, world!';
exit;
?>

サンプルコード解説

PHPは「<?php」 と 「?>」で囲まれたテキストをPHPのコードと認識します。
それ以外のテキストは全てHTMLコードとしてそのまま出力されます。

 

実行方法

先ほどのサンプルコードを「hello.php」という名前でWebサーバ上に配置します。

 

WebサーバはIIS(マイクロソフト社のWebサーバソフト)などを使ってもよいですし、レンタルサーバを使ってもよいです。

 

ブラウザでURL(http://ドメイン名/hello.php)を入力すると、「Hello, World!」が表示されます。

 

PHPの求人報が多い転職サイト

PR




PR


HOME SE入門講座 SEの人月単価 SE転職サイト比較 SEおすすめ書籍 お問い合わせ