未経験者歓迎!知識ゼロからシステムエンジニアを目指す

独立を考えているSEのためのQ&A集。過去の月単価もコッソリ公開。

これからフリーランスのSE、PGになろうとしている方からいくつか質問がありました。
参考になるか分からないですが、私からの回答を公開しますね。

 

なお、フリーランスに興味がない人には全く意味がない記事なので、そこはお含みおきください。m(__)m

 

フリーランスSEの単価ってどうやって決まるの?

企業と直接契約する場合は、相手(IT会社の営業担当)との交渉によって決まります。おおよその単価相場があるので、その範囲内で調整していく、という感じですね。

 

エージェントサイト(案件情報サイト)経由で契約する場合は、基本的には募集要項に載っている単価の範囲内で決まります。

 

契約する側の企業の予算枠がありますから、よほどのスキルを持っていない限り、交渉によって単価が変わることはないと考えてもらってよいです。

 

フリーランスSEの年収相場

 

単価交渉のコツは?

 

直接契約する場合の単価交渉のコツとしては「できるだけ高い値段から始めたほうがよい」ということ。間違っても最初に足元を見られないように気をつけてください。

 

交渉の最初に「これだけ欲しい!」と伝えた値段からは、下がることはあっても、上がることはまずありえません。

 

ほぼ間違いなく、こちらが提示した金額よりも低い金額を提示されますし、その中でお互いの落としどころを探ることになります。

 

ちなみに私は、初めて独立する29歳のとき、身のほど知らずにも「月に80万円ください!」と伝えました。いまから考えると、ド厚かましい金額ですが、それでも交渉の末、77万円で調整できたので、1年目としては大成功だったと思います。

 

最初に契約する金額は、ご自身が今後、フリーランスSEとして契約するベースとなる金額になります。スキルや経験を考慮して慎重に決めてください。

 

ズバリ、過去の月単価はいくら?

超個人情報ですが、過去の単価をコッソリ公開します。(身バレしたら消します・・・汗)

 

@29歳     金融系システム開発
 77万円

 

A30歳     某家電メーカー商品情報システム開発
 時給で4千円くらい。超忙しかったので月に100万円を超えました。(お察し)

 

B31歳〜34歳 通販サイト開発・維持管理
 76万円で始まり、毎年、単価交渉を続けて最終的には81万円まで上がりました。

 

C35歳〜43歳 金融系インフラ開発
 80万円で始まり、リーマンショックの影響で78万円、76万円と下がりました。
 今現在は少しだけ戻して77万円ってとこです。

 

忙しいときには上記の単価に、超過勤務料(残業代)が付くので、年商ベースでは平均1000万円前後になります。

 

私が知っている範囲では、結構もらってるほうですが、もっともらっている人もたくさんいるでしょうね。

 

どんなタイミングで仕事が切り替わるの?

本番のカットオーバーを迎えて障害対応がひと通り落ち着いたタイミングなど、プロジェクトが縮小するタイミングで終わることが多いです。

 

プログラマの方ならプログラミングと単体テスト、結合テストが終わったら契約終了、というパターンも多いですね。

 

あとは自分から辞めるパターン。「忙しすぎるから稼働の低い仕事に変わりたい」、とか、「長く在籍して飽きたので次の仕事に就きたい」、とか。

 

会社員ではないので、そのあたりは自分のさじ加減で継続するかどうかを決めることができます。

 

そもそも、なぜフリーランスになろうと思ったの?

「独立して会社を作って大きくしたい」とか「会社員には向いてないから1人で働きたい」とか「とにかく今よりもお金が欲しい」とか、ひとそれぞれ色んな理由があると思います。

 

参考になるかどうか分からないですが、私がフリーランスになろうと思った理由は「会社という組織に所属していることが嫌だった」からです。

 

集団に属することが苦手というわけじゃない。フリーランスになっても何かしらの組織、開発プロジェクトのチームに所属して仕事することに変わりはないですし、そこは嫌いじゃないんです。

 

人とのコミュニケーションも、、、まぁ面倒くさい人はたまにいますが、ソツなくこなせていると思ってます。

 

では会社員で何が嫌だったかというと、「何かしらの組織に所属していること」が理由で、自分のコントロールが及ばない出来事が起きる、ということでした。

 

たとえば、

 

「自分は会社の利益に貢献していないのに、所属している会社の業績がいいというだけでボーナスがたくさんもらえる」

 

とか、その逆で

 

「自分は会社の利益に多大な貢献をしているのに、会社全体としては業績が悪いから、給料は据え置き」

 

とか。

 

あとは「転勤」とかもそうですね。自分では全くコントロールできない。

 

会社という組織に属していると、個人のチカラではどうしようもない出来事は次々と発生して、それは会社に属している限り、付きまとう。

 

「会社組織に属する人間は、会社集団の意思決定(ほとんどは経営層の意思決定)に従わなければならない」というのは当たり前のルールではあるのですが、

 

ただ、それは「会社に属している人間だけに当てはまるルール」なんですね。

 

会社員の場合、生活に直結する意思決定をしているのは自分ではなく、たくさんの他人の集合体、つまり会社なんです。
そこに人生を委ねたくないし、従いたくない。支配下にも置かれたくない。

 

たぶん、私は「他力」で物事が決まることがとてつもなく嫌いなんです。
だから、給料が安くても、安定していなくても、将来が不安でも、自分の周りに発生する出来事を自分のコントロール下に置いたうえで、納得して生きていきたい。

 

フリーランスSEの単価って自分が納得しないと決まらないわけです。もし納得できないなら契約しなければいいだけだし。

 

どれだけ単価が安くても「自分が選択した」という納得感を持っているのと、持っていないのとでは自分的には大違いで。

 

もちろん、「もっと単価が高ければいいのに」、という不満がないわけではないです。
でもそれは社会の自分に対する評価がその金額なんであって、そこは受け入れるしかない。

 

・・・みたいなことを、会社員時代から考えていました。

 

とはいえ、フリーランスSEになろうと積極的に活動していたわけではないです。

 

でも不満を持ったまま会社員を続けるのも嫌だったので、先のことは考えずに「とりあえず会社を辞めよう!」と決心しました。

 

それを当時の現場のプロジェクトリーダーにその旨を伝えると

 

「フリーになってみない?とりあえず3か月だけでも。」

 

というお誘いをいただき、少し迷った末に、「お願いします」と。

 

それが15年も続いてしまうんだから人生、分からんもんですね。

 

会社に不満を持ちながら一生を終える気もなかったので、結果的にはあのときに一歩を踏み出してよかったと思います。

 

ま、続かなけりゃ会社員に戻ればいいし、会社員に戻るのが嫌なら自分で稼ぐ手段を見つければいいし。

 

どうしても仕事見つからないという方は、ご連絡ください。
大阪でよければタイミングが合えばフリーランスの案件を紹介できるかも・・・です。

 

どうやって仕事を見つけてくるの?

私の場合は、過去の現場で知り合ったSEや営業の方からの紹介で仕事をもらっています。

 

今のところ、運よく仕事を継続できていますが、途切れたときのことを考えると不安になるときもあります。

 

まあ、不安を解消するためには人脈を広げて、仕事を紹介してくれることを増やす、そのために現場のイベントや飲み会にはなるべく参加するようにしています。

 

仕事を紹介してくれる人がいなければ、食いっぱぐれてしまうわけですから。

 

あとはセーフティネットとして以下のような案件情報サイトへの登録ですね。

 

レバテックフリーランス
ギークスジョブ

 

心の安定につながります。

 

何歳まで続けられるの?

私の場合は少なくとも43歳で継続できていますし、今の現場には50歳を超えたフリーランスSEがゴロゴロ転がってますよ。

 

年配のかたはバリバリのPGというよりも、プロジェクトを推進したり、メンバー間の調整をしたりする役割の方が多いですね。

 

ま、カラダさえ健康なら心配なしです。

 

では、今回はこれくらいで。

 

また質問があれば、回答をアップしますね。

 

■ カテゴリ トップページ
独立!システムエンジニア | 収入を劇的にアップする手順

 

当サイトがおすすめするフリーランスSE向けの案件情報サイトです。
どちらも高単価の案件がたくさん掲載されています。

 

⇒ レバテックフリーランス

⇒ ギークスジョブ



PR


HOME SE入門講座 SEの人月単価 SE転職サイト比較 SEおすすめ書籍 お問い合わせ