未経験者歓迎!知識ゼロからシステムエンジニアを目指す

これだけは覚えておきたい 〜 仕事で使うアプリケーション

 

システムエンジニアが仕事で使うアプリケーションはたくさんあります。
しかし、未経験者にとっては「まずはどのアプリケーションを使えるようになればよいか」さえ分からないのではないでしょうか。

 

お客様向けの資料を作成するときや、設計書やプログラムを作成するときなど、システムエンジニアは目的に応じてさまざまなアプリケーションを使いこなさなければなりません。アプリケーションの特性や使い方をできるだけ理解したうえで、仕事を進めていく必要があるのです。

 

とはいえ、パソコンにインストールされている全てのアプリケーションの使い方を理解する必要は全くありません。よく使うアプリケーションというのは、どの現場でもだいたい決まっています。

 

ここでは過去に私がシステム開発で常駐していたどの企業でも共通して使っていたアプリケーションを紹介したいと思います。

 

システムエンジニアを目指すのであれば、最低限、これらの使い方はマスターしておいたほうがよいでしょう。

 

Excel

マイクロソフト社の表計算ソフトです。
Excelを起動しない日はないといっていいほど、私は頻繁に使っています。

 

設計書やテスト仕様書、WBS、進捗報告資料などあらゆる文書を作成することができます。
また、テストデータの作成やデータの統計分析などにも使えます。

 

関数やマクロを使いこなせるようになれば、より効率的に仕事を進められるでしょう。

 

用途

 ・お客様向け説明資料
 ・設計書
 ・進捗管理、課題管理、障害管理などの管理系の資料

 

特徴

 ・表計算や集計、データに基づいたグラフ作成に適している
 ・関数やマクロを使うことで高度な計算ができる
 ・印刷する際、セルの文字がはみ出ることがある

 

PowerPoint

マイクロソフト社のスライドプレゼンテーションソフトです。
グラフや画像を使って視覚的に分かりやすい資料を作るときに使います。
企業の研究発表会や各種セミナーなどでもよく使われます。

 

用途

 ・お客さま向け説明資料
 ・研修用のスライド

 

特徴

 ・プレゼンテーション資料作成に適したツール
 ・スライド単位で自由に文字や図形などの配置が可能
 ・複雑な表は作成できない

 

Word

マイクロソフト社の文書作成ソフトです。
設計書や報告書などのドキュメントを作成するときに使います。

 

文章を書いていて、改行すると見出し番号が勝手に振られたりするので
操作を覚えるまでは時間はかかりますが、慣れてしまえば非常に有用なアプリケーションです。

 

用途

 ・設計書
 ・各種報告書

 

特徴

 ・文書作成に適したツール
 ・段落やセクション単位で文書を管理できる
 ・画面に表示されたとおりに忠実に印刷される
 ・目次と本文の見出しの紐付けが容易

 

TeraTerm

TeraTerm Projectが開発しているWindows向けのターミナルソフトです。
ネットワーク上の別のコンピュータを操作するために使います。
LinuxなどのUNIX系のサーバアプリケーション開発では必ずと言っていいほど利用するソフトです。

 

用途

 ・サーバ上でのアプリケーション開発
 ・サーバ設定などの環境構築

 

特徴

 ・マクロ機能が充実している

 

ffftp

パソコンで作成したファイルやアプリケーションをサーバーにアップロードしたり、逆にサーバー上で作成されたファイルをダウンロードする際に利用するFTPクライアントソフトです。

 

他にも似たようなソフトはありますが、一番シンプルで使いやすいフリーソフトです。

 

ちなみに、ffftpの「ftp」は「File Transfer Protocol」の略で、ネットワークでファイルの転送を行うための通信プロトコルの1つです。また、プロトコルとは、ネットワークを介してコンピュータ同士が通信を行う上で、相互に決められた約束事を意味します。

 

用途

 ・ネットワークを介したコンピュータ同士でのファイル転送

 

特徴

 ・ファイルリスト部分とファイル転送が別制御なので、ファイル転送中でも新たなファイル操作が可能
 ・ミラーリングアップロード機能により、パソコンのファイル構成と同じものサーバーに作ることができる
 ・漢字コードの変換や漢字のファイル名をあつかうことができる
 ・サブディレクトリを含めたファイルの転送ができる

 

システムエンジニアを目指す人のためのオンライン講座

 

⇒ 未経験からプロのエンジニアを育てるオンラインブートキャンプ

 

最短4週間で未経験からプロを育てるオンライン完結のスクールです。
どこかに通う必要なく、自宅でもプログラミングやアプリ開発を学ぶことができます。

 

PR




PR


HOME SE入門講座 SEの人月単価 SE転職サイト比較 SEおすすめ書籍 お問い合わせ