未経験者歓迎!知識ゼロからシステムエンジニアを目指す

スパゲッティコード

スパゲッティコードとは、実行順序や構造がスパゲッティのように複雑に入り組んでいるソースコードのことを指します。スパゲッティプログラムとも呼ばれます。
このようなプログラムはgoto文などを使用して唐突に処理を他の部分に飛ばしているため、修正や機能の追加も難しく、何の処理をしているのかを把握することさえ困難です。

 

スパゲッティコードができてしまう原因はさまざまですが、設計段階で一貫した制御の流れをプログラマが理解できてないままコーディングしてしまったり、
一度プログラムが完成した後に何度もいろいろな機能を追加したり、といった理由によることが多いです。

 

このようなスパゲッティコードはメンテナンス性に欠けるため、機能追加時などにバグの温床になりやすく、修正するプログラマにとっては非常に扱いづらいソースコードと言えます。

 

スパゲッティコードが作成されることを防止するためには、開発者がコーディング規約を守ること、また、ソースコードインスペクションなどの第三者チェックを徹底すること、が重要です。

PR




PR


HOME SE入門講座 SEの人月単価 SE転職サイト比較 SEおすすめ書籍 お問い合わせ