未経験者歓迎!知識ゼロからシステムエンジニアを目指す

受け入れテスト

受け入れテストとは、納品されたシステムやソフトウェアを受け入れるかどうか、ユーザー企業が判定するためのテストのことを指します。
機能面や性能面などが要件に合致しているのか、業務として利用できるシステムであるかどうか、最終的な確認を行います。

 

受け入れ先であるユーザー企業が主体となってテストを行いますが、元請け企業が下請け企業からの納品物を検収する作業のことを指す場合もあります。

 

なお、受け入れテストはシステムが正しく作られているかだけではなく、業務に使えるかどうかの確認が中心となります。

 

ユーザー企業は、納品されたシステムが実際の業務に適合しているか、そもそものユーザー要件が妥当だったかなどを確認します。
もし、業務を遂行する上での問題が発見されれば、追加費用を払ってでも修正すべきか否かを判断するのです。

PR




PR


HOME SE入門講座 SEの人月単価 SE転職サイト比較 SEおすすめ書籍 お問い合わせ